学校を出て、プロのイラストレーターになる!

イラストレーターとして実力を上げるために、何をしたら良いのかわからない。

そんな疑問に答えるため、このページでは、イラストを描くために意識すべきことを載せています。

●イラストレーターになるための基本

最初の項目では、イラストレーターになるための基本事項を描いていきます。

イラストレーターというイラストのプロになるためには、イラストの専門学校に入るのが合理的な手段です。

同じ目標を持つ同期生たちと、必要な技術を体系的に学びつつ競い合う点、就職の後押しをしてくれるので、制作会社やデザイン会社に就職して、イラストレーターとしてやっていける点など、専門学校に入ることで得られる利益は大きいです。

イラストのプロとなるためには、目先の利益に捉われず長期的な視野を持った上で、イラストレーターを目指してください。

●たくさん描いてみよう!

イラストの技術を上げるためには、たくさん描くことが重要です。

イラストに限らず、どのようなことでも、実力をつけるためには、努力が必要不可欠です。

しかし、イラストは勉強と同じで、才能に努力の量が左右されてしまいます。

人によっては毎日1時間描いて実力があがる人も、毎日3時間描き続けても絵のスキルが上達しない人もいるでしょう。

イラストレーターに本当になりたいなら、3時間でダメなら、毎日4時間描こう、と思う前向きな姿勢が大切です。

ただし、闇雲に時間を増やして努力を続けても、実力は停滞してしまう可能性が高いので、授業を受けたり、人に助言をもらうなどして、正しい努力をしましょう。

●模写を繰り返そう!

プロのイラストレーターを目指すのであれば、初めにやることとして一流のイラストを描き写す、つまり模写することが大切です。

幼いころにも、好きなアニメやマンガのキャラクターを描き写すことはやっていたと思いますが、実はイラストレーターになるための近道なのです。

音楽のジャンルで説明すると、ミュージシャンを目指す人達は、まずカヴァー曲を覚えて演奏します。

これは、単純に好きだからという理由もありますが、カヴァー曲を演奏することで曲の構成を、自然と自分の体や頭に叩き込んでいるのです。

カヴァー曲を何度も繰り返し演奏することで、曲の構成を知り、オリジナル曲を作成していきます。

それだけ、プロが作ったものから勉強するものが多いということです。

イラストでもそれは変わりません。

時間をかけても、プロのイラストから多くのことを学びましょう。

●まとめ

ここまで読んでもらうと、イラストレーターとなるために、必要な技術を取得する環境や努力が分かったと思います。

しかし、イラストの技術を身につけるだけではやっていけません。

ほとんどのイラストレーターは、イラストだけで食べていけずに、昼は一般的な企業で働き、夜と休日にイラストを描く生活を送っています。

イラストレーターとしての仕事が増えるまでは、一般企業でも働くことが生きていくためには必要なので、とても体力のいる職種です。

技術だけでなく、体力も必要だということを認識した上で、イラストレーターを目指して専門学校に通いましょう。

プロのイラストレーターに最も近い専門学校

1-A-YUH126

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>