イラスト専門学校を活用してイラストレーターになる

20160912-igor-trepeshchenok-barnimages-01

イラストレーターになるには

本の表紙や挿絵・パッケージ・ポスター・カタログなど、様々なものにキャラクターなどを描くイラストレーター。
絵を描くのが好きという人なら、一度は憧れる職業ではないでしょうか。
でもイラストレーターとしてデビューしたり仕事を受けたりするにはどうしたら良いのでしょうか。
その方法を知ったら憧れの職業・イラストレーターになれちゃうかもしれません!
まずはイラストレーターについて知っていきましょう。

イラストレーターになる方法

デザイン事務所・広告制作会社・ゲーム会社に就職する

美術系の大学・専門学校を卒業したあと、デザインに関する企業へ就職する方法です。美術系の学校を卒業して知識・技術を持っていても、実績が無ければフリーランスでお金を稼ぐのはかなり難しいでしょう。
そのため企業にデザインに関わる職種で企業に就職し、お金を稼ぎながら技術を磨くのが王道です。

フリーランスとして営業に行く

もし自分のイラストを絶対に使ってほしいという企業があるのなら、作品を持って営業に行くのもひとつの方法です。
自分の描いたイラストサンプルを用意して、編集者にアポをとり訪問して情熱を伝えます。その場ですぐ仕事をもらえることは少ないかもしれませんが、サンプルを渡しておくと何かのきっかけに依頼してもらえる可能性があります。

公募コンペ・新人賞に応募する

出版社などが行っている公募コンペや新人賞に応募して、見事入選すればイラストレーターの道が開けます。
入選とは編集者やデザイナーたちに認められたということになるので、そこから依頼を受けることもあるでしょう。
応募者がかなりいるのでライバルも多いですが、腕試しとしてチャレンジしてみるのもおすすめです。

イラストのイベントに参加する

イラストレーターが自分の作品を発表するイベントは各地で頻繁に行われています。そのようなイベントには才能ある新人を探しにくる関係者も多いのでチャンスの場と言えるでしょう。
イベントの中には出版社が出張ブースを出しているところもあるので、自分を売り込めるサンプルを持っていくとデビューへの足掛かりになる可能性があります。

イラストレーターになるための勉強法

練習法① 全身を描く

イラストを描くときに表情ばかりを気にして顔だけ練習してしまうという人もいるかもしれませんが、実際のイラストレーターがキャラクターの顔だけを大きく描くという仕事はあまりありません。
イラストは背景やキャラクターのポーズなどから雰囲気を伝えるものなので、まずは全身を描く練習から始めたほうがよいでしょう。
顔は描けても全身は苦手というイラストレーターは意外と多いので、かなり有効な武器になります。

練習法② 観察する

よく知らないものは描けないですよね。想像して描いても違和感が出てしまうのは、やはり本物との違いが気になるからです。
イラストを描くときにはまずしっかり観察しましょう。
ネコを描くときには「どんなふうに歩いているのか」「どんなふうに寝ているのか」を記録してください。
またキャラの服装などを描くときにも「スカートのシワはどのようにできるのか」「髪の毛はどのように流れるのか」をしっかり観察して描くと魅力的に仕上がります。

イラスト業界就職におすすめの学校

全身を描く・観察するということを実践しても、いまいちイラストが上達しない……という人はプロに習うという方法もおすすめです。
イラスト専門学校はたくさんありますが、とくにデジタルアーツ東京はカリキュラムや制作環境もおすすめできます。
デジタルアーツ東京にはイラストコースとキャラクターデザインコースがあります。
イラストコースではポップカルチャー分野とカタログなどのライフスタイル分野両方で通用するイラスト技術を習得。
キャラクターデザインコースでは絵の基礎となるデッサンを学びながら、ゲームやアニメなどの魅力的なキャラクターを生み出す方法を学びます。
少人数クラス制を徹底しているので、講師も個人にあったアドバイスを的確にしてくれるのが特徴。
分からない部分をしっかり質問できる環境なので、イラストの技術もあがります。
イラスト専門学校に通うならこちらがおすすめ

イラストレーターの具体的な仕事

イラストレーターの仕事は雑誌や書籍、ポスター・カタログ・パンフレットなど様々なものにイラストを描くこと。
もちろん自分が描きたいものを描くのではなく、出版社やデザイン会社から指示を受けてそのイメージに合わせたものを制作します。
依頼主に作品を納品したあとには修正点を言われることも多いので、さらに描き直して納品。それを数回繰り返すこともあります。

イラストレーターの簡単な仕事の流れ

  • ① 依頼主から案件の依頼をもらう
  • ② 詳しい要望やイラストが必要な理由を教えてもらう
  • ③ 依頼主の意図を汲んでサンプルを制作・送る
  • ④ 修正依頼が来る
  • ⑤ 修正依頼に従って追加
  • ⑥ ④と⑤の繰り返し

イラスト業界の動向

イラスト業界では今、イラストレーターの需要が急激に高まっています。その理由はスマートフォンアプリでゲームをする人が増えてきたから。
アプリゲームの中にはカードバトルRPGという人気分野があり、ひとつのゲームでカードが1万以上用意されていることもあります。
数人のイラストレーターでは1万枚以上のカードのイラストを描くことはできないので、数十人~百人を超えるイラストレーターが関わっていることがわかります。
このアプリゲームが日々生まれ続けており、さらにアプリは「キャラが追加」されることが醍醐味にもなっているので仕事が無くなることはありません。
またゲームのキャラクターデザインが認められると広く名前を知られることになるため、人気イラストレーターへの近道とも言えるのです。

>>イラスト業界の動向についての詳細はこちらへ

イラストレーターの収入

イラストレーターの収入は「企業に勤めるか」「フリーランスで活動するか」によって大きく変化します。
企業に勤めているイラストレーターの場合、他の職種と同様に会社員という扱いなので毎月一定額のお給料を受け取れます。
しかしフリーランスで活動する場合、案件をこなすごとに報酬を受け取るということになるので毎月安定した収入があるとは言えません。
もちろんフリーランスでも安定した報酬を得ている人はいますが、その人たちはすでに「この絵はこの人が描いたもの」とすぐに分かってもらえるほど有名なイラストレーターたちです。
新人のイラストレーターは基本的にアルバイトと掛け持ちして、有名になるまで下積み修行をすることになるでしょう。

>>イラストレーターの収入についての詳細はこちらへ

そもそもイラストレーターとは?

イラストレーターとは「こんなコンセプトでイラストを描いてほしい」という依頼を受け、その要望に応えてイラストを描く人のこと。
依頼主から「企画の趣旨」「イラストを見た人に伝えたいイメージ」などを聞き、どのようなイラストを描けばよいか考え制作します。
そして出来上がったイラストはデザイナーや編集者が引取り、商品がよりインパクトを与えられるものになるよう加工していくのです。
イラストレーターは一人で絵を描くことが多いですが、結果的にはチームの一員として働くことになります。

イラストレーターになった人の口コミ・体験談

メンタルが鍛えられました(20代後半・女性)
フリーランスのイラストレーターになって早五年。新人の頃は修正を言われると落ち込んでいましたが、今は「そっちの路線か」と気持ちを切り替えられるようになりました。
イラストレーターを続けることでメンタルが強くなりましたね。
営業力で乗り切りました(30代前半・男性)
僕の場合、企業に就職せずフリーランスになったのでとにかく営業しまくり。新人は存在を知ってもらい、作品を見てもらい、実績を作ることがスタート!
今はコンスタントに仕事をもらえるようになってきました。

>>イラストレーターになった人の口コミ・体験談の詳細はこちらへ

まとめ

イラスト業界は今、一定のイラスト技術と締め切り厳守などプロの意識があればデビューしやすい状況にあります。
もちろん最初から大きな仕事を受けられることはほとんどなく、アシスタント的な仕事を任されることからスタートです。
まずはしっかり基礎を身に付け、さらに依頼主にも信用してもらえるよう常識を身に付けていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする